NPO法人 アズイット

障がい者たちが あるがままに
生きるための 場所を作ろう

畑にはいろいろな生きものがいる。春先からぼちぼちを顔を出すカエル。年中いるカラス。たまに見かけるシロサギ。 狐らしい生きものも見かけたことがある。 直接出会ったことは無いが、痕跡を残すアライグマ(黒マルチの上に手形が残っていた)に猪(暴れて土がえぐれていたり、親子連れらしい足跡が残っていた)。 猿は畑へ向かう道路で何年か前に一度出会った。
今年は意外なところでマムシに出会った。じゃがいもを掘っていたら何かが左手小指に当たったので慌てて手を引っ込めた。それがマムシだった。しかも1週間の間に2回も。 マムシがじゃがいもを好きなわけないと思うが、じゃがいもの畝の黒マルチと土の間に潜んでいた。遅い冬眠明け?で寝ぼけていたのか私は噛まれずに無事だった。
種を蒔いていないのに勝手に生えてくる草もいろいろ。畑では農薬(除草剤)を使わないので、クローバーも足の踏み場がなく歩けなくなるほど繁殖する。 スギナ(ツクシ)も土手だけに適量生えてくれたらいいのに、ところかまわず生えてくる。大葉やヨモギは食べるので重宝する。
畑の生きものたちと共存共栄でやっていきたいが、(人間が)必要としない草は刈らせてもらっている。

202108hatake.JPG
草だらけの畑に朝顔を発見。手前は赤しそ。


ロードディング中